FC2ブログ

パームス癒のリズム

パームスより、癒しや健康に関する情報、セミナーやイベント情報、音楽、日々の些細な出来事を素直に綴ったダイアリー

今年のお伊勢さん


いつも参拝しているお伊勢さん。

昨年もですが、今年も母と三人で電車で。

前回はしまかぜの個室で行きましたが、
座席が直角なんで全く落ち着かず・・
今回はリクライニングできるプレミアムシートで行きましたが
これ大正解でした!


それに、昨年は恐ろしく寒かったんで今年はしっかり防寒していったんですが
着いたら日差しがでてきたんで暖かかったですねー

201801伊勢外宮


電車で来てるので、外宮・内宮コースのみの参拝です。

外宮参拝後、たまには別宮に参拝しよー^^と
月読の方角を目指して歩いてたら

茜社(あこねやしろ)・豊川茜稲荷神社というところにたどり着きました。
折角なんで、参拝。
(写真撮ってなくてすみませーん)

通称、あかねさんじゃなくて、あこねさんなんですね。

主祭神:天牟羅雲命(あめのむらくものみこと)・蛭子命(ひるこのみこと)

恐らく訪れるのは初めてだと思うんだけど。

奥に広い池があり(勾玉池)、夫が観に行ってなんか怖い!って
すぐ戻ってきて(笑)
池には水の神様がおられます。

小さな神社だと思ったけど、入ったら結構しっかりどっしりな感じで。
立派な大杉もあって。(あまり時間がなかったんでこれまた写真撮ってないですけど^^;)


茜牛天神社です。(これは撮ってましたね^^;)

20181茜牛天神社1

中に牛がいます^^

20181茜社天神

帰ってから知りましたが

茜牛天神さんは、
元伊勢神宮下馬所にあった外宮師職山田大路家に代々伝わる鎮守神だったそうです。
この牛↑に菅原道真公の御霊を牛さんに入魂されています。。

牛天神さんは学業・芸能の守護神なんで
受験生、芸能の方が、諸芸上達御守のお守りを求めて遠方から来られるくらい
有名な神社なんですね。

あやかりたい^^

↓裏側は勾玉池だったと思います。

20181茜社境内

奥に行ったらお稲荷さんの鳥居。
行ってみてわかったんですが、外宮のせんぐう館の裏手なんで、
そこのわき道から入ってもよかったんですね^^;

我々はお稲荷さんの鳥居(せんぐう館)と逆の鳥居から入ってました。

結局、月読目指したつもりだったのに・・
変な満足感があったんで、内宮に向かうことにしました。


その前に腹ごしらえでおかげ横丁へ。

相変わらず賑わってますがやはり外国人(アジア圏)も半端なく多いです・・。

何の人だかりかと思ったら、射的でした!
盛り上がってましたよー
なんか昭和だね^^
20181おかげ横丁4 20181おかげ横丁3
20181おかげ横丁2 20181おかげ横丁

さー内宮です。


五十鈴川で手を清めて。
いつも透明で美しいですね。
20181内宮五十鈴川

各別宮へ参拝して

正宮
20181内宮

↑意外に撮影したのは初めてかも。

帰りは電車の本数も少なくなるので、時刻が合わず、寒い中待ちぼうけです(笑)
何故かというと、おかげ横丁のカフェによってホットチョコレートを飲んでしまったからである・・・

確か去年も同じような失態をしたような。

車でいけばいいんだけど、電車は早いし楽ですからねー

ありがとうございました♪





各種セミナー開催日程

・東京セミナー開催スケジュールコチラ

・大阪セミナー開催スケジュールコチラ




各種お申込み、お問い合わせ、ご相談はお気軽に♪

☆ご質問・ご相談などは必ずお名前ご明記の上、下記フォームにてお問合せくださいませ。

※折角お問合せいただいても、お名前等々記載のない方への質問にはお答えしかねますので
必ずお名前記載の上、お問合せくださいますようお願い申し上げます


携帯からのお問合せの方へ:
3日経っても返信がない場合は、大変恐縮ですが、携帯の受信(セキリュティ等々)を解除いただくか、PCアドレスより再度お問合せくださいますと幸いです!


オステオパシックカレッジオブオンタリオ認定校
一般社団法人ジャパンヘルスサイエンスアソシエーション
Palms College of Osteopathic Medicine パームスオステオパシックカレッジ 
(オステオパシー国際・国内セミナー、カイロ、クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)、レイキセミナー)
http://www.j-hsa.com/
お問い合わせ・お申し込みはコチラ
・パームスオステオパシックカレッジのFace Bookはコチラ

パームスカイロプラクティックOffice江戸堀
                                                                                                      
                                                                                 
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント